0.06競馬で負けている方に強力支援

JRA勝馬データ解析
ビリオンチケット


競馬場付近の天気予報

風向・風力の影響予測

気象に関する雑学



競馬のある日は
競馬のある日は
緊急時
競馬がない日は
儲かる競馬予想データ【ビリオンチケット】
データ競馬の お勉強
無料です(会員のみ)
儲かる競馬予想データ【ビリオン塾】



天気予報、風の予報は下記の気象関係ホームページでご確認を!!
特に風情報はアメダスにご注目

各競馬場の天気予報

気象庁
マピオン
株式会社CRCソリューションズ
気象情報システム株式会社
 


がレースに影響する場合の考え方

競馬場の配置と走る距離によって異なるが
風が吹いている場合
一般的にはスタートしてからゴールするまで
向い風と追い風の両方の影響を受ける。
従って基本的には
エネルギーの消費はプラスマイナスゼロである。
しかし、
競馬は多頭数での競争。
当然、常時横一線の競争なんてあり得ず(新潟芝1000m除く)
先頭を走る馬と、後について走る馬があらわれる。
先頭を走る馬は風の影響を大きく受け、
後を追う馬は、前の馬が風よけになって風の影響が少なくなる

以上のことを基本に考えると

先行馬は
エネルギーの消耗はプラスマイナスゼロで無風の場合と同じとなる。
向正面で追い風の場合
行った行ったの逃(先行)勝ち・・・ということになる。

追込馬の場合は
向正面の風向で影響の度合いが大きく変わる。
向正面で追い風の場合はほとんど影響を受けない
しかし、
向い風の場合先行馬が風に向かって喘いで体力を消耗しているときに
好位につけることにより
陰に隠れて風よけの恩恵を受け体力を温存できる。
そして
最後の直線に入ったとき追い風となるので各馬とも風の影響差は少なく
向こう正面で温存できたエネルギー分が有効に働き
直線一気の末足・・・ということになる。

馬の走る速さ
馬場状態や距離によって異なるが
大体、1秒あたり、15mから17m位である。
どの位の風速が走りに影響を与えるのかは明確ではないが
秒速の1/3位
つまり、5m/sの風速位から影響を与えはじめるという考え方が一般的だ。
しかし、根拠は薄弱だ。今後の研究課題である。
しかし、
こんなに風が影響するような難しい日は
危険を回避してパスすべきである。

2006年4月15日現在の実績では、6m前後でも何とか指数通りに走れている。
当面は8m前後になったらパスするようにしたい。
慎重を期すなら6mでもパスした方がいいだろう
この辺は実績とのかねあいで微調整する必要がある。


各競馬場における
向正面追い風、向かい風になる風向

競馬場
追い風
先行有利
向かい風
好位有利
札幌
函館
北西
南東
福島
南西
北東
新潟
西
中山
東京
西
中京
西
京都
阪神
西
小倉
北西
南東



天気予報

12月9日(土)
12月10日(日)
中山
時々
阪神
時々
のち
中京
時々
のち





アメダス(風向/風速)情報

風向、風速は刻々と変化しますので気象庁のホームページ等で最新のものを入手してください。
なお、このデータは競馬場付近のもので、競馬場内とは異なる場合があります。
気象庁からの発表は正時測定(前10分間の平均値)ですので、2時間分を表すにはそぐわず、その風速を中心に前後1mを加えて表示します。
例:気象庁発表3mの場合、2〜4mと表示

前夜の状況を追加しました。
この使い方の一つとして、馬が安眠できたか否かがあります。
馬は非常に敏感な動物です。
強風なら馬房の扉や壁を吹き抜ける風音でよく眠れないでしょうし
大雨なら馬房の屋根を打つ雨音で眠れないでしょう。
人間もそうですがよく眠れない状況では本番の走りに支障がでます。
前夜が暴風雨の場合はリスクを避けた方が良さそうです。


最近の実績から、6〜8m位なら何とか指数通りに走れているので
取りあえず、今週から5〜7m以上は水色7〜9m以上に黄色を付けることにします。10〜12m以上はオレンジ色とします(06/04/15)
降水量は当面、1時間で3mm以上の場合は赤字とします。(07/02/24修正)
累積降水量が3mm以上の場合は黄字、5mm以上の場合は赤字とします。(07/04/14修正)

色つきデータには注意してください。指数通りに走れない可能性が高いということです。

従来風情報を2時間おきに提供してきましたが
今週から1時間おきに記載するようにいたします。
気象庁からの発表が各時15分〜20分ですので
20分〜30分遅れの記載となります。ご承知おきください。(07/02/24)

下表(アメダス情報)が更新されていない場合は
スタッフがよんどころない事情により更新できない等の理由によります。
誠に申し訳ありませんが、下記サイトをご覧になり、ご自身で確認いただきたくお願い申しあげます。
札幌競馬場:http://www.jma.go.jp/jp/amedas_h/map12.html
函館競馬場:http://www.jma.go.jp/jp/amedas_h/map19.html
福島競馬場:http://www.jma.go.jp/jp/amedas_h/map25.html
新潟競馬場:http://www.jma.go.jp/jp/amedas_h/map39.html
中山競馬場:http://www.jma.go.jp/jp/amedas_h/map31.html
東京競馬場:http://www.jma.go.jp/jp/amedas_h/map30.html
中京競馬場:http://www.jma.go.jp/jp/amedas_h/map36.html
京都競馬場:http://www.jma.go.jp/jp/amedas_h/map44.html
阪神競馬場:http://www.jma.go.jp/jp/amedas_h/map45.html
小倉競馬場:http://www.jma.go.jp/jp/amedas_h/map58.html

兎にも角にも、色の付いた状況では指数通りに走りにくいと言うこと。注意しよう

12月9日(土)
競馬場
前夜の状況
8日20時〜9日4時
8時発表
9時発表
10時発表
11時発表
最大降水量
累積降水量
最大風速
風速/秒
降水量
4〜8時
mm/4H
風向
風速/秒
降水量
8〜9時
mm/H
風向
風速/秒
降水量
9〜10時
mm/H
風向
風速/秒
降水量
10〜11時
mm/H
風向
風速/秒
中山
2.5mm/H
5.0mm
2.7m
0.0
北西
1〜2m
0.0
北西
3〜4m
0.0
北西
2〜3m
0.0
北北西
1〜2m
阪神
0.0mm/H
0.0mm
3.5
0.0
北東
1〜2m
0.0
北西
0〜1m
0.0
南西
0〜2m
0.0
南南東
0〜1m
中京
0.0mm/H
0.0mm
5.0m
0.0
東北東
1〜2m
0.0
北北東
0〜2m
0.0

0〜2m
0.0
西
0〜2m
競馬場
12時発表
13時発表
14時発表
15時発表
16時発表
降水量
11〜12時
mm/H
風向
風速/秒
降水
12〜13時
mm/H
風向
風速/秒
降水量
13〜14時
mm/H
風向
風速/秒
降水量
14〜15時
mm/H
風向
風速/秒
降水量
15〜16時
mm/H
風向
風速/秒
中山
0.0
北北西
1〜2m
0.0
北北西
0〜2m
0.0

1〜2m
0.0
南西
1〜2m
0.0
南東
0〜1m
阪神
0.0
北北西
2〜3m
0.0
西
4〜5m
0.0
西北西
3〜4m
0.0
西南西
3〜4m
0.0
西
1〜3m
中京
0.0
北西
0〜2m
0.0
西
1〜2m
0.0
北北東
2〜3m
0.0

2〜4m
0.0
北北西
2〜3m
12月10日(日)
競馬場
前夜の状況
9日20時〜10日4時
8時発表
9時発表
10時発表
11時発表
最大降水量
累積降水量
最大風速
風速/秒
降水量
4〜8時
mm/4H
風向
風速/秒
降水量
8〜9時
mm/H
風向
風速/秒
降水量
9〜10時
mm/H
風向
風速/秒
降水量
10〜11時
mm/H
風向
風速/秒
中山
0.0mm/H
0.0mm
1.6m
0.0
北西
1〜2m
0.0
北西
0〜2m
0.0

0〜1m
0.0

0〜2m
阪神
0.0mm/H
0.0mm
2.9m
0.0

1〜2m
0.0

2〜4m
0.0
南東
1〜2m
0.0
南南西
1〜2m
中京
0.0mm/H
0.0mm
2.5m
0.0
北北西
1〜3m
0.0
北西
2〜3m
0.0
北西
1〜2m
0.0
北北東
1〜2m
競馬場
12時発表
13時発表
14時発表
15時発表
16時発表
降水量
11〜12時
mm/H
風向
風速/秒
降水
12〜13時
mm/H
風向
風速/秒
降水量
13〜14時
mm/H
風向
風速/秒
降水量
14〜15時
mm/H
風向
風速/秒
降水量
15〜16時
mm/H
風向
風速/秒
中山
0.0
南南西
0〜2m
0.0
南西
2〜3m
0.0
南南西
1〜3m
0.0
南西
4〜5m
0.0
南南西
3〜5m
阪神
0.0
南南西
2〜3m
0.0
南西
2〜3m
0.0
南西
1〜3m
0.0
南西
2〜3m
0.0
西南西
1〜2m
中京
0.0
南南西
0〜2m
0.0
東南東
1〜2m
0.0

2〜3m
0.0
南南東
3〜5m
0.0
南南東
2〜3m

上表は気象庁アメダスによる計測実績ですが
これからの予報を知りたい場合は下記のサイトを参考
同じ天気予報でもYahoo!とマピオンで随分違っているものですね。
風速としてはYahoo!のほうが当たっているように感じます。
競馬場
Yahoo!天気情報
マピオンウェザーニュース
札幌競馬場http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/leisure/horse/1b/32000.htmlhttp://www.mapion.co.jp/weather/admi/01/01101.html
函館競馬場http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/leisure/horse/1d/32001.htmlhttp://www.mapion.co.jp/weather/admi/01/01202.html
福島競馬場http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/leisure/horse/7/32002.htmlhttp://www.mapion.co.jp/weather/admi/07/07201.html
新潟競馬場http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/leisure/horse/15/32003.htmlhttp://www.mapion.co.jp/weather/admi/15/15101.html
東京競馬場http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/leisure/horse/13/32005.htmlhttp://www.mapion.co.jp/weather/admi/13/13206.html
中山競馬場http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/leisure/horse/12/32004.htmlhttp://www.mapion.co.jp/weather/admi/12/12204.html
中京競馬場http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/leisure/horse/23/32006.htmlhttp://www.mapion.co.jp/weather/admi/23/23229.html
京都競馬場http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/leisure/horse/26/32007.htmlhttp://www.mapion.co.jp/weather/admi/26/26109.html
阪神競馬場http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/leisure/horse/28/32008.htmlhttp://www.mapion.co.jp/weather/admi/28/28214.html
小倉競馬場http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/leisure/horse/40/32009.htmlhttp://www.mapion.co.jp/weather/admi/40/40107.html



気象に関する雑学


風の名前
風について色々な本を読んでいると、おもしろいことを見つけることがある。
そんな中で、風力について数字以外にも呼び方があることを見つけた。
強風とか暴風などは(意味は異なるが)よく使われるが、
素晴らしい日本語ではそれぞれの風の強さに名前が付いている。
以下にその概要をご紹介する。
風の強さの名前
風力階級
風速
目で見たり感じたりする様子
静穏(せいおん)
0.2m/s以下
煙突の煙はまっすぐ昇る。
海面は加賀美のように滑らか
至軽風(しけいふう)
0.3〜1.5m/s
煙がなびくので風向きがわかる
風を測る風見鶏が動くほどではない
会場は鱗のようなさざ波が立ち始める
軽風(けいふう)
1.6〜3.3m/s
顔に風を感じるようになる
木の葉がそよぐ
風見鶏も動くようになる
海上は一面にさざ波が現れる
軟風(なんぷう)
3.4〜5.4m/s
木の葉や細かい枝が絶えず動く
海上は波頭が砕け始め、泡はガラスのように見える
そろそろ白波が現れる
和風(わふう)
5.5〜7.9m/s
小枝が動く
道路から砂埃が立ち、紙片が舞う
海上には白波がかなり多く見える
真田の研究では理屈上は和風から馬の走りに影響が出始めると考えているが
最近の実績では指数通りに走ってくれることが多いようだ。
しかし、安全を見るなら和風でもパスした方がよい。微妙なところだ。
疾風(しっぷう)
8.0〜10.7m/s
葉の茂った樹木が揺れ動く
池や沼の水面にも波頭が立つ
海上は白波が沢山現れしぶきが立ち始める
真田の研究では疾風になったら馬の走りに大きく影響してくる事が解っている
疾風になったらパスした方がリスクが少ない
雄風(ゆうふう)
10.8〜13.8m/s
大枝が動き、電線がうなり始める
雨が降っていても傘をさすのは困難
海上は波の大きいものができ始め、波頭は砕けて白く泡立つ
強風(きょうふう)
13.9〜17.1m/s
一般に言う強い風やの強風注意報の強風とは異なる。
樹木全体が揺れる
風に向かって歩きにくくなる。
海上は大波が立ち、波頭は砕けて海面は白い泡に覆われる
疾強風(しっきょうふう)
17.2〜20.7m/s
小枝が折れる
風に向かって歩くことは困難
海上は波頭がそびえ立ち、しぶきは渦巻きとなって波頭から吹きちぎれる
大強風(だいきょうふう)
20.8〜24.4m/s
瓦が飛ぶなどの被害が出る場合がある
海上では波頭がのめり、うなり声を上げ、水煙が立つ
波の高さは7〜10mになる
暴風(ぼうふう)
24.5〜28.4m/s
暴風警報の基準とは事なう。
人家に大きな損害が起きる
樹木は根こそぎになるが陸地の内部では滅多に吹かない
海上は波頭が逆巻き、見通しが損なわれる
烈風(れっぷう)
十一
28.5〜32.6m/s
広い範囲に大きな損害が出るが滅多に吹く風ではない
海上は山のような大波が立ち、小さな船は波の陰に隠されてしまう。
颶風(ぐふう)
十二
32.7m/s以上
被害は甚大で記録的なものとなる
海上は波が15mにも達し、泡と水煙で海と空の境が解らないと考えられる


他にも風に付いた名前が沢山あります。
いずれも美しい国「日本」の素晴らしい先人の和心で付けられたのでしょうね。
本当に日本語っていいですね。
名前
意味
無風(むふう)
風がないこと
微風(びふう)そよそよ吹く風、静かに吹く風
軽風(けいふう)そよかぜ
疾風(はやて)急に起こる激しい風
突風(とっぷう)突然に強く吹く風、急に強くなり、すぐやむ風
大風(おおかぜ)非常に強い風
暴風雨(ぼうふうう)激しい風を伴う雨、嵐
雨風(あめかぜ)(あまかぜ)雨まじりの風
嵐(あらし)荒れ狂う激しい風
夜嵐(よあらし)夜吹く強風
台風(たいふう)夏から秋の初めに襲う熱帯性低気圧
野分(のわけ)台風、木枯らし
旋風(つむじかぜ)渦巻き状になって吹く強い風
旋風(せんぷう)つむじかぜ
竜巻(たつまき)局所的に起こる猛烈な旋風
爆風(ばくふう)爆発に伴って急に起こる激しい風
神風(かみかぜ) 神の加護によりその威力によって敵を滅ぼすという風
元寇のときの暴風雨
太刀風(たちかぜ)太刀を振った勢いで起こる風
羽風(はかぜ)鳥や虫などが羽を動かすことによって起こる風


春風(はるかぜ)春先に吹く暖かく気持ちの良い南風
春風(しゅんぷう)春に吹く穏やかな風
春嵐(はるあらし)春先に吹く激しい風
春一番(はるいちばん)2月〜3月にかけて、その年初めて吹く強い南風
春荒れ(はるあれ)春先の嵐
春疾風(はるはやて)春嵐
青風(あおかぜ)(せいらん)青葉の頃に吹くやや強い風
緑風(りょくふう)青葉を吹き渡るさわやかな初夏の風
薫風(くんぷう)若葉の香りを漂わせて吹く快い風
白南風(しらはえ)6月から梅雨明けに吹く南西風
熱風(ねっぷう)太陽や火などで高温になった風
清風(せいふう)さわやかな風
涼風(すずかぜ)初秋の頃の涼しい風
涼風(りょうふう)涼しいそよ風
冷風(れいふう)肌に冷たい風
秋風(あきかぜ) 秋に吹く風
「秋」を「飽き」に掛けて愛情が冷めることにも
秋風(しゅうふう)秋の風
木枯らし(こがらし)晩秋から初冬に吹く冷たい風
(こがらし)
空っ風(からっかぜ)多く冬に雨や雪を伴わないで吹く完走した強い風
寒風(かんぷう)冬に服冷たい風
寒波(かんぱ)冷たい空気の移動
朝風(あさかぜ)朝方に吹くさわやかな風
夕風(ゆうかぜ)夕暮れに吹く風
夜風(よかぜ)夜吹く風
東風(こち)
貝寄風(かいよせ)
桜まじ
油風
土用あい
湿風
土用凪
やませ
だし
黒南風
初嵐
やまじ
裏白
北風
神渡し
隙間風
虎落笛(もがりぶえ)
冬凪
御講凪
居吹(いぶき)


























整風
西風
葉風
そよかぜ





夜明けの微妙な変化の名前

事務所が海辺にあり、しかも8階なので、太平洋を一日中眺めながら仕事をしている。
仕事の都合上、朝早く起きることも多く、まだ暗い内からすこしずつ明るくなり、いよいよ日の出。。。と
微妙な夜明けの状況変化を眺めることが多い。
日本語は本当に素晴らしいと思う。この微妙な変化を、単に夜明けとせず、名前を付けている。
時刻の流れ
呼び名
意味  (巧く説明できていないと思う。順次修正したい)















暁(あかつき) 夜の明ける頃。東の空が白み始める頃。。古くは、夜半過ぎから明け方までをさした
夜の終わりをさす。まだ朝ではない
東雲(しののめ)夜が明けようとして東の空が明るくなってきたころ。
曙(あけぼの) ほのぼのと夜が明けはじめるころ。「朝ぼらけ」より時間的に少し前をさす。
闇から山の形がうっすら見えてくる頃
朝ぼらけ(あさぼらけ)夜のほのぼのと明けるころ。夜明け方。「あけぼの」より少し明るくなったころをいう
夜明け日の出前、太陽の中心が地平線下の7度21分40秒に来た時刻。明け六つ
日の出朝、太陽が東に昇ること。また、その時。天文学では、太陽の上縁が東の地平線に出た瞬間
朝(あした) 朝、太陽が完全に昇って夜と決別した状態
あしたは翌日という意味ではなく朝ということ
浜辺の歌の「〜あした浜辺をさまよえば〜」の「あした」は朝という意味である

Copyright © 2001 - 2011 Winstrong Office



競馬のある日は
競馬のある日は
緊急時
競馬がない日は
儲かる競馬予想データ【ビリオンチケット】
データ競馬の お勉強
無料です(会員のみ)
儲かる競馬予想データ【ビリオン塾】