先週までの連対率上位騎手
2004年度



競馬のある日は

リンクフリー
競馬のある日は

リンクフリー
緊急時&競馬がない日は

リンクフリー



JRAで発表しているリーディングジョッキーは1着の多い順になっている。
馬券買いの場合、勿論、馬単などは1着が大事だが
馬連では連対率(1着または2着)が重要となる。
ここでは
連対率の高い順に騎手を掲げる。


2004年12月26日終了時点での連対率上位騎手

連対率16%以上(障害騎手含む)

2003年連対率上位騎手

あんなに騎乗の上手な武豊でさえ
10回騎乗して4回は連対できない。
6回は3着以降に負けているのです。
騎手だけで勝ち馬を決定することの危険さがわかるでしょう。
騎手
連対率%
01武豊37.2−
02安藤勝33.2+
03ペリエ32.0−
04柴田善29.7+
05白浜28.6−
06横山典28.2−
07後藤24.5−
07藤田24.5−
09四位23.9−
10福永23.0+
11蛯名22.9=
11嘉堂22.9+
1322.7+
14松永21.8+
15岡部幸21.0=
16パルジュ20.7+
17池添20.2−
18本田20.1−
19大江原19.1=
20須貝18.9−
21武幸四郎18.2−
22中舘17.8−
23佐藤哲17.7−
24田中亮17.6−
25リデル16.7−
2516.6=
27金子光16.4−
27大西16.4−
29安田16.2−
30北村宏16.1−
30田中勝16.1=

連対率の=は先週と変わらず,+は先週よりアップ,−は先週よりダウンを示す。



Copyright ©2001-2003 Winstrong Office Ltd. 
 

競馬のある日は

リンクフリー
競馬のある日は

リンクフリー
緊急時&競馬がない日は

リンクフリー