先週のギガゲット結果分析
8月16日/17日分

トップに戻る  
 

最初に先週のギガ情報と結果を載せました。
結果分析は末端にあります。 


ビリオンチケット ギガゲット
2003年08月16日

明日のレースで的中確度が高いと思われるレースと買目案は下記の通りです。全国36
レースの中で的中確度が高いと言うことで必ずしも必勝レースと言うことではありませ
ん。貴方が、更に、絞り込んで下さい。提供レースの半分程度まで厳選してください。
安定度、前走、距離実績を再検討し、更に騎手乗替、当日の馬場状態、天候等を加味し
て絞りに絞って下さい。各馬の詳細データはビリオンチケット各競馬場版をご参照下さい。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

下記で難易度A〜EはAが最も易しく、次いで何とか勝てそうなB、Cは不安要素の度合
い高く、Dは強いて選んだもので的中するかもしれないが危険度の高いもの、Eは的中の
可能性僅かに残るが危険すぎるので回避をすすめることを示す。
難易度D、E評価の難度の高いレースより難易度ABC評価の比較的易しいレースで頑張
ろう。危険を伴うレースを買わない我慢が勝つ競馬には大切なことです。

  ギガレース  :難易度:主な不安要素
■新潟:11R: D :6番が有望も稍不安定。休養前だが同距離良い10,12番怖い。
■小倉: 3R: D :1番が有望も異種馬場前走評価。14、15も侮れない。
■小倉: 4R: D :16番が有望も不明馬2頭存在。
■小倉: 9R: D :10番が有望も不明馬1頭存在。
■札幌: 1R: D :6番が有望も前走のみの評価。安定性不安。
■札幌:11R: C :4番が有望も58kのトップハンデ。恵量は50kと8k差。

 ギガ候補で不採用としたレースは下記。
■新潟: 1R: D :4,1,3番が有望も距離不安。7番も侮れない。1番千八、4番千二。
■新潟: 2R: D :12番が有望も異種馬場。
■札幌: 3R: D :9番が有望も前走のみの評価。安定性不安、不明馬2頭。

  前走指数(ABC)が低くても前走に不利があった場合は要注意だ。
 ギガ採用レースで前走不利のあった馬番を下に示す。
 ビリオンデータを参照してヒモ検討の参考にしていただきたい。
□新潟:11R: D :出遅れ:2 ダッシュつかず:13 スタートアオリぎみ:9
□小倉: 3R: D :出遅れ:3,8,10,12 ダッシュつかず:13
□小倉: 4R: D :出遅れ:10,16
□小倉: 9R: D :−−−
□札幌: 1R: D :出遅れ:8,2 ダッシュつかず:14
□札幌:11R: C :スタート直後外へ逃げぎみ:4

◆◇◆レースを絞り込むための主軸馬判断資料◆◇◆
レースAV必勝AB必勝AVEABC一致芝/ダ安定距離休養明乗替
新潟115週安藤勝→川原正
小倉33週 中谷雄太
小倉42週 橋本美純
小倉93週 太宰啓介
札幌12週 本田優
札幌113週 武豊


◆◇◆3回新潟1日目◆◇◆
主軸副軸有望馬注意馬 具体的買い目(第一次案)
11
6-10
1,380
6  1,4,10,12 8,11,2,9,15 本線1-6,4-6,6-10
押え6-12,1-4,6-8
要検討6-11,2-6,6-9,6-15


◆◇◆3回小倉1日目◆◇◆
主軸副軸有望馬注意馬 具体的買い目(第一次案)

1-2
1,300
1  14,15,11,9 5,7,4,2,8 本線1-14,1-15,14-15
押え1-11,1-9,1-5
要検討1-7,1-4,1-2,1-8

9-16
660
16 2,8,9,6 13,5,12,7,11 本線2-16,8-16,9-16
押え6-16,13-16,5-16
要検討12-16,7-16,11-16,2-8

6-9
1,220
10 8,4,12,9 2,6,11,1,3 本線8-10,4-10,10-12
押え9-10,2-10,6-10
要検討10-11,1-10,3-10,4-8


◆◇◆1回札幌1日目◆◇◆
主軸副軸有望馬注意馬 具体的買い目(第一次案)

2-12
300
6  2,7,14,12 9,8,5,15,1 本線2-6,6-7,6-14
押え6-12,2-7,6-9
要検討6-8,5-6,6-15,1-6
11
9-12
9,100
4  12,5,11,6 8,2,9,7,15 本線4-12,4-5,4-11
押え4-6,4-8,2-4
要検討4-9,4-7,4-15,5-12


Copyright © 2001 - 2003 Winstrong Office



ビリオンチケット ギガゲット
2003年08月17日

明日のレースで的中確度が高いと思われるレースと買目案は下記の通りです。全国36
レースの中で的中確度が高いと言うことで必ずしも必勝レースと言うことではありませ
ん。貴方が、更に、絞り込んで下さい。提供レースの半分程度まで厳選してください。
安定度、前走、距離実績を再検討し、更に騎手乗替、当日の馬場状態、天候等を加味し
て絞りに絞って下さい。各馬の詳細データはビリオンチケット各競馬場版をご参照下さい。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

下記で難易度A〜EはAが最も易しく、次いで何とか勝てそうなB、Cは不安要素の度合
い高く、Dは強いて選んだもので的中するかもしれないが危険度の高いもの、Eは的中の
可能性僅かに残るが危険すぎるので回避をすすめることを示す。
難易度D、E評価の難度の高いレースより難易度ABC評価の比較的易しいレースで頑張
ろう。危険を伴うレースを買わない我慢が勝つ競馬には大切なことです。

  ギガレース  :難易度:主な不安要素
■小倉: 1R: D :8、6、3番が有望も同距離実績無し。3頭の実績は千二。
■小倉: 2R: C :1、4、10番が有望も6番も要注意。4の好実績は千と千八。
■小倉: 8R: D :6、10番が有望も不明馬存在。
■札幌: 3R: C :16番が有望も相手難しい。田中勝がしっかり乗ってくれれば。
■札幌: 8R: D :6番が有望も同距離実績無し。好実績は二千四。この乗替はあまり歓迎できない。

 ギガ候補で不採用としたレースは下記。
■新潟: 7R: E :4番が稍安定しているが他馬と超僅差。
■札幌: 2R: D :4番が有望も異種馬場実績。

  前走指数(ABC)が低くても前走に不利があった場合は要注意だ。
 ギガ採用レースで前走不利のあった馬番を下に示す。
 ビリオンデータを参照してヒモ検討の参考にしていただきたい。
■小倉: 1R: D :出遅れ:7,1,2,4
■小倉: 2R: C :出遅れ:2,7  道中ずっと外へ逃げ気味:10
■小倉: 8R: D :出遅れ:13,7,14  アオル:2
■札幌: 3R: C :出遅れ:8,13
■札幌: 8R: D :出遅れ:5,10  スタート直後つまずく:1  直線壁:2

◆◇◆レースを絞り込むための主軸馬判断資料◆◇◆
レースAV必勝AB必勝AVEABC一致芝/ダ安定距離休養明乗替
小倉12週池添謙→幸英明
小倉22週 幸英明
小倉82週安藤勝→川原正
札幌35週北村宏→田中勝
札幌812週江田照→小野次


◆◇◆3回新潟2日目◆◇◆
無し


◆◇◆3回小倉2日目◆◇◆
主軸副軸有望馬注意馬 具体的買い目(第一次案)

6-8
140
8 6 3,5,1 10,2,7,4 本線6-8,3-8,3-6
押え5-8,1-8,5-6
要検討8-10,1-6,2-8,6-10

1-4
540
1 4 10,6,8 9,2,7,4,3 本線1-4,1-10,4-10
押え1-6,1-8,4-6
要検討1-9,4-8,1-2,4-9

5-10
5,250
6 1013,9,2 8,15,11,14,12 本線6-10,6-13,10-13
押え6-9,2-6,9-10
要検討6-8,2-10,6-15,8-10


◆◇◆1回札幌2日目◆◇◆
主軸副軸有望馬注意馬 具体的買い目(第一次案)

1-4
2,020
16 12,7,14,11 4,6,3,1,10 本線12-16,7-16,14-16
押え11-16,4-16,6-16
要検討3-16,1-16,10-16,7-12

6-11
2,930
6  5,10,2,4 8,1,12,9,7 本線5-6,6-10,2-6
押え4-6,5-10,6-8
要検討1-6,6-12,6-9,6-7


Copyright © 2001 - 2003 Winstrong Office




Copyright © 2001 - 2003 Winstrong Office

先週のギガ提供レースの結果分析

全般的に見るとハズレた7レース中,1レースは軸1着,もう1レースが2着,3レースは軸3着で完全に軸がはずれたのは2レースだった。
しかし、馬連の場合3着はハズレと同じ。なぜ2着までに入れなかったのか?過去の指数が低い馬が連対するレースが多かったのはなぜか?

月日
レース
難易度
軸連対
単勝
人気
軸NG理由または相手NGの理由
軸馬
前走→今回
1着馬
今回
8/16
新潟
11
6番
◎1着
A−D的中(本線)
71→76
8/16
小倉
1番
◎1着
軸は見事に1着だったが相手がFX馬。
2着に入ったのはミルキージェイド。
前2走、3走が同じ小倉で騎手も今回と同じ
なのになぜ指数が低いのか不明。
特に不利があったような形跡は無い。
4走前は他場で不明だが5走前に高指数を
出している。底力はあったといえる。
騎手が見習騎手で斤量に恵まれたことも要因。
軸馬が24と前走より可成り低い指数で1着に
入っているという事は軸の力から見ればスロー
ペースであったともいえる。
過去に高指数取っている馬は要注意だ。
本来なら14番が2着にはいるべきだが出遅れ。
ギガデータは【検討】で的中
38→24
8/16
小倉
16番
○2着
A−D的中(本線)
56→51
49
(斤量差)
8/16
小倉
10番
X3着
すこしコズんでいたようだ。
ちなみに「コズミ」とは攻め馬のやりすぎや
疲労の蓄積などによって、馬の運動に関係する
肩、腹、腰、背、四肢の筋肉、靱帯、腱などに
痛みとなってでる軽い筋炎のことをいう。
外見ぎくしゃくしたぎこちない歩様で、
のびのびした感じがなくなることでパドック等で
我々にも注意深く見れば
コズんでいることを見つける事もできる。
60→52
54
8/16
札幌
6番
X14着
先行していいところにいたが直線でずるずる
抜かれて14着。前走がまぐれだったのだろうか?
新馬戦並の指数に戻ってしまった。酷すぎる。
騎手本田は「走り方が頼りなくて。。前走は馬場
メンバーに恵まれていたから。」と言っているが
メンバーは指数に関係ない。前半速すぎて
後半ばてた感じから言わせればペース配分
のミスではないだろうか?
馬券を買うかどうかの判断には,やはり安定性が
重要であることを再認識した。
51→15
39
8/16
札幌
11
4番
X3着
1/2馬身差の3着。
スタートは一息も,スピードに乗り一気にハナ。
直線に向いて怪しくなる。
特に問題はなさそうなのだが,武豊騎手の話に
よると,「小倉から札幌へと移動してきたので,
目に見えない疲れがあったのかもしれない」と。
惜しくも3着の理由は武騎手の話が当たっている
かもしれない。3着に負けても指数を上げている
ことを考えれば軸58kに対して1着馬が51kと
7キロも恵まれていたことも一つの要因。
71→75
65
(斤量差)








8/17
小倉
8番
○2着
A−B的中(本線)
31→36
38
8/17
小倉
1番
◎1着
A−B的中(本線)
32→37
8/17
小倉
6番
X3着
軸はどうみても1着か2着に来ると思われたレース
だった。ちょっと気になったのは安勝から川原に
乗り替わったことくらい。結果を見ればほぼ前走
と同じくらいの指数で走っているので騎手乗替が
大きな問題ではなさそう。4コーナーで外を廻った
ことと,直線に入って手前を替えずに走ってしまった
ことが原因かもしれない。
些細なこういうことが2着と3着の差になる。
56→55
61
8/17
札幌
16番
X11着
先入観で気にしていた田中勝にまたやられた。
特に不利はなく,大外から無理に前に出る騎乗
方法をとったため前半に脚を使ってしまい勝負
どころで一杯になった。
ある騎手から田中勝に乗り替わった場合に指数
差がどうなっているか現在調査している。
今回の北村から田中勝に乗り替わったのは500万
以上のレースでは3回。(2003年)その内訳は,
−2、+8、+9で北村より指数を上げているレース
が多かった。それで今回は何とかなると判断したの
だが甘かった。何度も何度も田中勝には痛目に
あっている。しかし、田中勝の名誉のために書き
添えるが乗り替わって指数を上げる場合も多くある。
例えば,本年度では金子,嶋田,鹿戸,武英,高橋
中舘,バルジュ,ファロン,宗像、村山,水野,
横山義,等。しかし、その他の大事なレースで
指数を下げている事実は,巧いとは言えない。
こういう場所で個人を云々することは誹謗中傷と
取られてしまうだろうか?その辺が気になって
あまり書けないのが残念である。
勿論,田中勝でも乗り替わりでなければ同等の
指数で走ってくれるだろう。
逆に言えば田中勝から他の騎手に乗り替われば
指数は上がると考えても75%位は当たっていそう。
51→29
44
8/17
札幌
6番
○2着
軸は2着で連対したが1着が無印馬。
なぜ無印馬が1着に入ってしまったか?
これは説明ができるので後述するが,本来なら
5、10、2番などわかりやすい可能性の高い馬が
どうして来てくれなかったかだ。
5番は4着,2番は5着なのでまあまあ。
10番はどうしたのか不明。情報では距離があわない
ともあるが過去の指数からはそうは言えない。
さて、無印の11番がなぜ1着になれたか?
レースが終わってから解説しても遅いが,
入るべくして1着に入ったといえる。
このへんがデータのみで判断する場合のネック
でもある。
その理由は5走前と4走前の指数が高いことにある。
5走前は昨年の7月13日,4走前は同年7月27日,
約1年も前に41、43を出している。その後ダートで
1度走り1年休んでまたダートで30台の指数を2回。
この馬は芝で強い馬でダートでは低指数の馬だった。
昨年の7月に40台を出していれば1年後の今回は
56位出すことは十分可能と言うことになる。
前3走のダートの低指数に目をごまかされてしまった
例と言える。
しかし、事前にここまで読むのはかなり難しい。
スローの展開になるとこのように低指数の馬でも
上位に食い込むことができる。
64→49
56

Copyright © 2001 - 2003 Winstrong Office



ホームへ戻る
 
困った?に戻る サイトマップに戻る