JRA勝馬データ解析
ビリオンチケット
概要


誤記訂正:2004年1月5日
最終更新:1997年10月16日
一部訂正:1998年 8月 6日
トップに戻る メニューに戻る 
 
ご利用案内に戻る 困った?に戻る サイトマップに戻る





目  次
1.真田幸市から思いを込めて
2.ビリオンチケットの基本的考え方
3.ビリオンチケット データの読み方
4.勝馬探しの実習問題集
5.馬がデータ通りに走らない事がある理由

「馬主」「調教師」「複数頭」「賞金別にクラス分け」
「一般競争と特別競争」「騎手」「重り」「1列のゲート
「芝またはダート」「楕円形」「距離」「右または左周り」
「タイム」「着順」


1.ビリオンチケット総監督
   真田幸市から思いをこめて!!


 ビリオンチケットのページに辿り着かれた貴方はついています
いや、「何とか競馬で儲けたい」という貴方の熱意がこのページと出会うきっかけを作ってくれたのかもしれません。
貴方も、これからはビリオンチケットで自信を持って勝馬を予測することができるようになるでしょう。

 貴方は、今まで勝ち馬を予測するとき、本当に勝つ馬を予測していましたか?
そして、自信を持って馬券を買っていましたか?

 貴方は、明日のメインレースはなにを買えばいいのか・・・と一所懸命検討していましたね。
 レースの難易度無視して大きなレース・騒がれているレースに無謀なチャレンジをしていましたね。

 新聞の馬柱の印の多い馬はどれかを探していたのではありませんか?

 貴方は、よく言われる競馬のロマン派ですか?
 好きな馬を、勝とうが負けようが、追いかけるタイプですか?

 もし、貴方がロマン派?ならばビリオンチケットはあまりお役に立てないかもしれません。

 ビリオンチケットは、儲けるためのデータなのです。

 私たちは明日のメインレースでなにを買おうかとは考えず、明日勝てるレースはどのレースかと考えます。

 ご存じのように、競馬は1日に一つの競馬場で10から12レース組まれています。

 普通は関東(東京・中山)関西(京都・阪神)そして裏(札幌・函館・福島・新潟・中京・小倉)と3つの競馬場で行われます。

 全国で1日に30から36レースも競馬が行われています。

 これらの多くのレースには、となる馬がはっきりしたレースもあれば、ドングリの背比べのような、どの馬がきても不思議でないレースが混在しています。

 競馬はギャンブルの一種ではありますが、私たちは投資と捉えています。

 ギャンブルではないのです。投資であるから、危険は犯せません

 だれにでも、おわかりで、当たり前のことですが、勝てる確率が高いレースのみに投資すれば、マイナスにはなりません。

 しかし、競馬は、複雑な要素を多く含んだ生きた動物である馬を、これまた心理的に左右されやすく、複雑な人間関係に囲まれた騎手がコントロールして競争するものですから、とっても難しいのです。

 こんなに、難しい競馬でプラス計上する事は至難の業なのです。

 新聞、テレビで活躍されている競馬評論家や競馬記者はプラス計上をしているのでしょうか?

 新聞や、テレビの印を信頼して、痛い目に合った貴方なら、十分ご存じのはずです。

 ビリオンチケットは馬の走った力量を正確に計算、検討して、各馬のレース履歴を一覧表にします。
 出走各馬を一目で比較できるものなのです。

 計算・検討する基礎データは、曖昧な要素を排除した、各馬の現実に走った明確なデータのみを対象としています。
 うわさ や、明確に比較できないあやふやな情報は各馬を比較するデータを狂わせます。

 正確に検討された結果は、数値とグラフィックスで表され、マクロにもミクロにも検討できる一覧表となります。

 この表を見ることにより、レースが易しいのか、難しいのかよく分かります。

 どの馬を軸にすればよいかがはっきり分かります。パスすべきレースも明確です。

 買い目も、軸から何点に流せばよいか、または、何点のボックスにすればよいか視覚的に判断できます。
 だから、効率的な投資ができるのです。

 私たちは馬券購入に際して次のような手順でやっています。
 会員の多くも同様に検討しプラス計上しています。
 私たちより多く儲けているとの会員からの便りもたくさんきます。

馬券購入の手順
1.前夜のうちに、ビリオンチケットを見て、明日のレースで易しいレースを、いくつか選びます。
  
  メインや特別、好きな馬など完全に無視します。易しいレースだけを選び出します。当然メインが易しい場合もあります。
  だいたい、一つの競馬場で2レースから5レース位に絞れます。(全くない日もあります)
  最終的には、当日パスするレースもありますので、全国で3レースから9レース位に絞り込まれます。
  全国で36レースもあるのですから、普通は、その中から、この位は易しいレースを見つけだすことができます。

  1レースあたりの、買い目数も1点買いから多くても5点、押さえを増やしても6点です。

2.競馬当日は、昨夜選んだレースの締め切り15分から30分前にオッズを調べます。
  私たちのデータは新聞情報や、怪しげなうわさ話は排除していますので、易しいレースの買い目が人気の高い(オッズの低い)買い目とは限りません。
  もし、新聞の印と一致してしまい、オッズが低すぎたら、思い切ってパスです。
  買い目のオッズが満足できるものであったら、怖がらず堂々と昨夜の検討通り買います。

 こうして投資した結果が、1996年は1年間で3930万3130円になったのです。

 実際の投資額の決定は次のような方法です。
 負け続けて無くなっても我慢できる額を準備します。
 負けることが怖かったら競馬はやめた方が良いのです。投資といっても危険はいっぱいです。

 自分の財産全てを賭けたり、家族に迷惑をかけるような投資は危険すぎて、私のような気の小さい人間にはできません。
 また、すべきではないと思います。

 頭を使えば、リスクを最小限大きく儲けることができます。

 私は、よくお酒に大金?を使ってしまうので、たとえお酒が飲めなくなっても仕方がないと我慢できる額12万円を準備しました。

 毎週土日に開催される競馬ですから、一月に8回の競馬として、1日に3レースとすると、1レースに使えるお金は12万/24回=5千円です。
 1レースあたり5000円からのスタートです。
 私はだいたい1点〜5点買いが多いのですが1点買いなら5000円、2点流しなら2500円ずつ、3点流しや3点ボックスなら1600円ずつ、4点流しなら1200円ずつ、
 5点流しなら1000円ずつからのスタートとなります。

 負け続ければ、1ヶ月で0になってしまいます。
 逆に考えれば、1ヶ月12万円で競馬を楽しむということになります。(本当は、こんなに楽しむという雰囲気ではなく真剣そのものです。)

 易しいレースを選んでいますので、負け続けることはまずありません。

 1日のレースが終了してプラスになった分を元金に加えます。
 次の日の賭金は、12万円にプラス分を加えた額を、また24で割ります。
 24分の1コロガシということです。

 永久に、この24分の1コロガシをすれば、膨大な利益がでる計算ですが、現実にはそうはいきません。
 一人の人間が一日に全国の競馬場を駆け回ることはできませんし、全国の馬券を買えるPATでは諸条件があります。
 私は、忙しいので、競馬場へは行けません。電話投票(PAT)での購入です。
 ご存じでしょうが、PATでは1日に30万円が限度です。(改正になり預金額の範囲でいくらでも買えるようになりました)勿論、勝ち続ければ30万円を超えて賭けることができますが・・・
 1日に最初のレースから3レース負け続けることもあり得ます。このことを考えに入れると、1レースに賭ける限度は10万円ということになります。
 (改正後ははっきりした決まりはないのですが心臓に良くないのでとりあえず30万円にしています。)

 1996年の実績では1月5日に1レース5千円から始めて、24分の1コロガシができなくなってしまった日(すなわち、元金が10万×3レース×8日=240万円を越えた日)は3月10日(日)でした。

 というわけで、3月10日(日)からは24分の1コロガシはできず、一律1レース10万円ということになってしまいました。(実際にはこの当時は厳密に10万円に押さえたのは3月23日からで3/10は146000円3/16,3/17は150000を賭けました。)

 正月には1年で5000万円にはできると思い、「12万円を5000万円にするぞ〜日記」として、会員にオープンし始めたのですが目標を達成できず残念・・・というところです。

 でも、12万円が3900万円になったのですから、喜んでもいいですよね。

 貴方は、きっと、今まで、目隠しをされ、暗中模索の状況で、あてにならない、新聞・ラジオ・テレビの予想に乗って馬券を買い、JRAにおろすことのできない貯金をしていたのではないでしょうか。

 ビリオンチケットで検討すれば、速い馬、遅い馬、安定して速く走る馬、すごく走ることもあれば走らないときもある不安定な馬、などが手に取るように見えてきます。

 本物の各馬の戦歴一覧表を見て、ご自分で易しいと思われるレースを選び、推理して、財布を膨らますことができます。

 これからは、きっと、競馬が開催される土・日が待ち遠しくなることと思います。
 買い方によっては、一気に、または、徐々に、財布が膨らんできます。今までの負けが取り戻せます。

 競馬は、人間に許された、公的にも許された、知的ゲームだと思います。

 知的と言うからには、考えなければなりません。

 他人に指示された、または、他人が予想したものをまねて馬券を購入することが知的といえるでしょうか?

 ご自分で考えてください。貴方の予測したとおりに、1着馬、2着馬がゴールを駆け抜けます。

 気分壮快です。

 財布も膨らみます。

 永く競馬ライフを続けるにはご自身で頭を使い、財布も膨らむという喜びを感じなければできません。
 貴方の「勝馬予測」の成功をお祈りします。

 競馬は儲かります
目次に戻る   

2.ビリオンチケットの基本的考え方


(1)競馬を科学する
 
 私は、競馬は「騎手の乗った馬に、一定の距離を走らせ、順位を競う競技。また、その勝馬や着順などを当てる賭」(三省堂大辞林)ですが、勝つのは上手な騎手が勝つのではなく、速く走る馬が勝つのだ!と信じています。
 勿論、同じレベルの馬同士なら、上手な騎手が勝つと思いますが・・・
 いかに、上手な騎手が乗っても、馬に力がなければ勝てません

 あるレースに出走するすべての馬の力を「的確に比較」できれば、どの馬が1着になり、どの馬が2着になるかが分かるはずです。
 「的確に比較する」、言葉で言えば簡単ですが、なかなか的確に比較することは簡単ではありません。

 たった、6頭のレースにしても、6頭の過去の戦歴から、それぞれの馬の力を比較するのは難しいのです。
 たとえば、この6頭が、過去、どのレースも東京ドーム内で、同じスタート地点から、同じ距離を同じ騎手が乗って走ったのであれば、比較することは割合簡単かもしれません。

 東京ドームは温度、湿度も管理されていますから、たぶん、馬場状態はいつも一定でしょう。同じ地点から同じ距離を走ったのであれば、コーナーの角度も数も同じです。

 しかし、実際の競馬での各馬の評価は、全国10カ所屋外の競馬場で走ったデータを見て比較するのです。
 10カ所の競馬場は、全て、大きさも、コーナーの角度も、直線距離も、高低差も、芝やダートの質も違うのです。

 各馬が走った日は、快晴の日、雨の日、雪の日、強風の日、穏やかな日、いろいろ異なった環境です。

 このように、千差万別の状況で走った馬の力を、走破タイムや持ち時計、4種類の馬場状態(良・稍重・重・不良)で比較はできないのです。

 私たちは、統計解析の手法とコンピュータの力を借りて、バラバラのデータを東京ドームで走ったと同じように・・・つまり、同じ土俵の上で戦ったデータとして取り扱うことを可能としたのです。


(2)やっと完成した勝つためのデータ

 勝馬データ解析ビリオンチケットの基本的な考え方をご説明します。

 中央競馬で走る、各馬の能力を比較することは、極めて難しいことです。

 東京ドームのような室内で、温度湿度も一定に保たれたトラックを使い、決められたコース・距離を各馬が走っているのなら、過去の走り具合を比較することにより、かなりの確率で勝つ馬を予測することが容易です。

 しかし、実際には、全国10カ所の競馬場で、芝またはダート、距離も1000mから3600mまで各種の距離を、雨の日、雪の日、晴れの日、強風の日、無風の日・・・・いろいろな状況の馬場で走った5頭から18頭の馬が、各種の条件で選ばれて競争するのです。

 これから一緒に走るこれらの馬のうち、どの馬が一番速く走るかを比較するのは単純にはできません。

 何らかの方法で、条件の異なった状態での過去のデータを、同一の条件で走った場合のデータに変換しなければ・・・・つまり、同じ尺度で比較できるようにしなければ正確な比較はできません。

 このために、私は、1990年に、JRAでの過去の3年間の全てのレース成績を集め、データを整理し始めました。

 Andrew Beyerの”PICKING WINNERS”も分析のヒントをずいぶん与えてくれました。

 取り扱った基本データ、および、そこから処理して導き出したデータの主なものは次のものです。

 基本データ   :各レースにおける1着から5着の走破時間
          走った競馬場
          開催日
          芝/ダートの別
          距離
          斤量
          条件
          クラス
 導き出したデータ:各競馬場の各距離・芝/ダート別の標準走破時間
          各競馬場の各開催日・各レース毎の馬場の走り易さ

 導き出した「標準走破時間」と各開催日・各レースの「走り易さ」を数値化したものを使い、各馬の過去に走った力量を同じ尺度で比較した「数値」に変換しています。

 さらに、馬の基本的力量、馬の調子を総合的に判断するために、ABC方式AVE方式という二つの基本的尺度を使っています。

 これは、「他馬に比べて、最近の走りっぷりが良くて、いつも安定して良い走りをする馬が連対するはずだ」という基本的な考えから生まれたものです。

 ABC方式とは、前走の力量が高い順にABCDEFGと順位付けしたもので、その馬が前走と同じ力を発揮してくれれば今回はどの順位だということが分かる指標です。

 AVE方式とは前5走または前3走についての安定した走りの力量を順位付けしたものです。

 これらの、ABC・AVEを基礎にして、単純に各馬を順位付けし、その後、距離実績・騎手乗り代わり・ローテーションをわずか加味して勝ち馬を探し出します。

 なぜ、距離実績・騎手乗り代わり・ローテーションを「わずか」加味するのかというと、これらは、明確に数値として計算しにくいからです。

 「わずか」というファジーなものは怖いものです。加減によって大きく誤ることがあります。

実績値という数値そのものが唯一信用できるものなのです。

 これらの基礎データと僅かなファジーデータを加味し、綿密に推理します。

1日に36レースもあるのですから、軸のはっきりした(1頭のみ強い馬が見える)レースを選べばいいわけです。

1頭のみ強い馬がはっきりしていれば、その馬から何点かに流す
2頭のみ強い馬が見えれば、1点買い。
3頭のみ強い馬が見えれば、3点ボックス。
4頭強い馬が見えれば、もう、どの馬が勝つか分かりません。絶対にパスです。(いや4頭ボックスという手もありますね)

 コンピュータ上でのシュミレーションを積み重ね、1990年の暮れには、ほぼ完成しましたが、その後も修正を繰り返し、現在に至っています。
 これからも、さらに回収率を高めるため研究を重ねます。研究を重ねる度にビリオンチケットも成長を続けます。

目次に戻る   

3.ビリオンチケット データの読み方

 実際のデータを使ってそれぞれの意味を説明します。

96年1回札幌3日目 8R ダ 1700m 4歳以上500万下

基礎データ力量T95%力量U90%力量V85%力量W80%力量X75%
ABC方式3

48 9 7 12 6
AVE方式389
4 6 1 7

買目案研究室3-8 3-9 3-4 8-9 3-6真田幸市3-8 3-9 3-4 3-6 8-9

馬名斤量5前4前3前2前前走今回ABC
AVE
1カルティラ53.0
D28
D35
D38
D47
28
32

37.6
2ホワイトカメリア55.0
-
21
D21
D35
D21
D21

25.6
3ツクバノーブル52.0
D50
D63
D55
D51
D57
D63
54.3
4アイショウユー55.0
37
32
46
D45
51
51
47.3
5レディーレイ55.0
D29
D38
D44
36
21
21

33.6
6ドクターエチュード55.0
D51
D48
D28
49
D44
D44
40.3
7ディープレッド55.0
D34
D33
D39
D18
D46
D46
34.3
8エレガントピコー55.0
D49
D52
D54
D52
D48
D48
51.3
9ネイティブドリーム55.0
D43
D46
D41
57
47
47
48.3
10バンプトンニース53.0
D21
D33
D30
D42
D30
D34

34.0
11メジロミラ55.0
-
D28
D9
D8
26
26

14.3
12シルクトパーズ51.0
D11
D26
D34
D32
37
45
34.3

レース結果
1着:4番アイショウユー(11番人気)
2着:3番ツクバノーブル (1番人気)
3着:8番エレガントピコー(6番人気)
単勝:4番5990円、複勝4番880円・3番160円・8番260円
枠連:3−4:8580円、馬連:3−4:8340円        

上の表を見て、誰でも、3番が近走も良いし一番安定して強いことが分かりますね。
ABC方式のA馬とAVE方式の1馬が一致しています。
相手はABC方式のBC馬とAVE方式の2,3馬位に流せばよいでしょう。
ABC方式:A=3、B=4、C=8
AVE方式:1=3、2=8、3=9
従って、買い目は3が軸。相手は4,8,9の3点で的中です。こんなに簡単に3点で8340円が的中します。
このレースは複勝の配当額を見ても3番が人気であったことが分かりますが、4番(12頭中11番人気)を上位に買うことができたかどうかが問題ですね。たぶん新聞は全紙が無印だったはずです。

ビリオンチケットではABC方式で1点。AVE方式で3点流し、または、4点ボックス。当社の買い目案でも研究室、真田総監督とも3点目で的中です。
真田が本命に推した3−8の8番は3着でしたが3−8と来ても1390円ついていました。

全てのレースがこんなに簡単ならうれしいのですが、実際には判断が難しいレースが多いものです。

上の表で
基礎データの表は、ABC方式のA馬を基準にBCDEFGの7頭がどの位の力量になるかで5段階に分けています。
AVE方式もAVE1位の馬を基準に5段階に振り分けています。
買目案はABC、AVEの基礎データを基に、当社研究室の買い目案と総監督真田幸市の買い目案を具体的に記してあります。
買目検討の参考にご利用ください。

各馬は5走前からの走破力量が数値で表されています。Dのついた数値はダートでのものです。
勿論、数値が大きい方が強いことになります。

赤でマークされたところは同種馬場(今回がダートならダート)での高指数、青は、異種馬場高指数、橙は準高指数です。
このようにマークされた馬が強いのです。しかも、最近高指数を取り、安定している馬が今回も良い成績で走る可能性が高いのです。
e-mailでお送りするデータには色分けはされていませんので、ホームページの「ビリオンチケットをもっと便利に」で紹介している色付けソフトをご利用ください。

このような、レース毎の表が競馬場別に提供されます。
新馬戦や外国の馬、公営馬が参加するレース等で、一つのレースに3頭以上データの不明な馬が参加しているレースは勝ち馬を判断できませんので提供からはずします。

目次に戻る  

4.ビリオンチケットデータによる
   勝馬探しの実習 

ビリオンチケットの実際のデータを見ながら、勝ち馬探しの練習をしてみましょう。
実習の前にレースの特徴を列記します。レースの特徴をよく理解してチャレンジしてみてください。

競馬は、各種の条件戦・オープン戦があります。
それぞれの競争で出走する馬の特徴が異なり、勝ち馬を探す観点が違います。
以下に、3歳(4歳)新馬戦、3歳(4歳)未勝利戦、4歳(5歳)以上500万下、4歳(5歳)以上900万下、4歳(5歳)以上1500万下、4歳(5歳)以上オープン戦、グレード戦(G1・G2・G3)について、それぞれの競争の特徴・予測の仕方を説明します。

4.1 3歳(4歳)新馬戦(未出走戦)
    初出走の新馬戦ではデータが皆無ですので検討することができません。
    しかし、同じ開催中ですと、初出走で勝ちあがれなかった馬たちが再度新馬戦に出走する事ができます。
    この場合は、前回の一回切りですがデータがありますのである程度馬の強さを見極めることができます。
    ただし、一度だけのデータですので安定性等は検討できず、やや信頼性に欠ける面もあります。

4.2 3歳(4歳)未勝利戦
    3歳、4歳限定の未勝利戦は新馬戦を勝ちあがれず苦労している馬たちの競争です。
    新馬戦はエリート馬も駄馬も一緒に走るので、やや力の落ちる馬や、おくての馬は一緒に走るメンバーの中に強い馬が1頭いるとなかなか勝てないのです。
    3歳、4歳の馬は日に日に成長を続けています。通常は走る度に数値が高まります。
    ですから、近走の数値(ABC)が高い馬から流すと効果があります。
    直前の数値が高く、割合に安定している、または走る度に数値を高めている馬が見つかれば、軸になります。
    自然成長もありますので、一般的には前走が同程度の数値なら早い時期走った馬の方が有望度は高いことになります。

4,3 4歳500万下戦
    4歳限定の500万下のレースです。
    新馬や未勝利戦を勝ち上がった馬たちです。
    近走のデータを重視し割合に安定した馬を軸にすべきです。

4,4 4歳(5歳)以上500万下戦
    「4歳以上500万下」という条件戦は4歳は500万下、5歳以上は1000万下ということです。
    エリート馬は新馬戦で勝ちあがり、すぐこのクラスで戦います。
    ここで勝つと900万クラスに昇格します。
    しかし、そうスムーズに勝ちあがる馬は少なく、500万のクラスで年がら年中戦っている馬が沢山います。
    4歳と5歳以上が一緒に走りますので、その年齢によって見方が変わります。
    4歳は成長過程、5歳はほぼ成長が飽和に近づき、6歳以上は成長が止まり調子を整えて出走という状態です。
    4歳5歳は近走の数値(ABC)が重要で、6歳以上は平均して高い数値(AVE)を出している事をチェックすることが大切です。

4.5 4歳(5歳)以上900万下戦
    900万クラスになると、かなり力量が似通ってきます。
    それだけ、勝ち馬を探すことも難しくなってきます。
    3歳4歳限定戦と異なり近走のデータ(ABC)より、過去の速い記録や平均的に良い成績(AVE)を残している馬が勝つことが多くなってきます。
     従って、ABC方式のみに気を取られず過去にさかのぼって綿密に調べなければなりません。

4.6 4歳(5歳)以上1500万下戦
    準オープンの1500万クラスも900万クラスと同様な特徴を持っています。

4.7 4歳(5歳)以上オープン戦・グレードレース
    オープン馬の出走するレースは特別レースのみ。
    レースの名前に・・・・賞、・・・・杯などがついています。
    グレードレース(GV・GU・GT)もオープンレースの内のひとつです。
    強い馬の勢揃いで難しいレースになるとともに、特別レースになると、賞金も高く、馬主、調教師、騎手も平馬レースとは違った気の入れようで
    思わぬ展開になることも多く、難しいレースです。
    近走のデータにこだわらず、安定度、ローテーション、騎手乗り替わり、当日の体調など、幅広く検討しなければなりません。

問題集

では、いよいよ、実際のレースのデータを使って勝ち馬を探し、馬券を買う練習をしましょう。
漠然と読み進むのではなく、紙を準備し、具体的な買い目を記入し結果を調べて、いくら儲けたか、いくら損をしたかを調べてください。
ここで、データの見方に慣れれば、本番でもうまく行くでしょう。

問1(3歳新馬戦)
あなたは6000円持っているとします。
下記のビリオンチケットデータを調べて、このレースを買うか、パスするか、もし買うなら買い目と金額を6点以内で答えなさい。
問1の結果はここをクリック

 94年4回東京6日目 2R 芝 1600m 3歳新馬

基礎データ力量T95%力量U90%力量V85%力量W80%力量X75%
ABC方式4
2 3
5 7 6 1
AVE方式4
2 3
5 7 6 1

馬名斤量5前4前3前2前前走今回ABC
AVE
1エスティーソロン53.0
21
25
G21.07
2チョウカイソユーズ53.0
-
35
39
B35.02
3スカイアドベンチャ53.0
35
39
B35.02
4メジロリュウジン53.0
41
45
A41.01
5マイネルテノール53.0
31
35
D31.04
6ナカハマクンショウ53.0
26
30
F26.06
7センゴクアトム53.0
29
33
E29.05


問2(3歳新馬戦)
あなたは6000円持っているとします。
下記のビリオンチケットデータを調べて、このレースを買うか、パスするか、もし買うなら買い目と金額を6点以内で答えなさい。
問2の結果はここをクリック
94年1回京都7日目 3R 芝 1600m 3歳新馬
基礎データ力量T95%力量U90%力量V85%力量W80%力量X75%
ABC方式107
214 6 11 8 12
AVE方式107
26 14 8 12
馬名斤量5前4前3前2前前走今回ABC
AVE
1サンセマリアン53.0
30
34

30.0
2オグリロマンシチー53.0
47
51
C47.03
3ルナロッサ53.0
19
23

19.0
4イブキダイボサツ53.0
D10
D14

10.0
5メイショウペレザ50.0
14
24

14.0
6ウェーブオーラ53.0
43
47
E43.04
7コランディアクイン53.0
52
56
B52.02
8タニノエトワール53.0
32
36
G32.06
9クレヴリー53.0
27
31

27.0
10マルブツメグミ53.0
57
61
A57.01
11シュウザンモニカ53.0
33
37
F33.0
12トーアアルテミス53.0
D32
D36
G32.06
13キョウワクイーン53.0
29
33

29.0
14ウメノチャージ52.0
42
48
D42.05
   
問3(3歳新馬戦)
あなたは6000円持っているとします。
下記のビリオンチケットデータを調べて、このレースを買うか、パスするか、もし買うなら買い目と金額を6点以内で答えなさい。
問3の結果はここをクリック

96年5回東京8日目 3R 芝 1600m 3歳新馬

基礎データ力量T95%力量U90%力量V85%力量W80%力量X75%
ABC方式6 109

11 1 3 5
AVE方式6 10
9
11 3 1 5

馬名斤量5前4前3前2前前走今回ABC
AVE
1ヒシゲラン52.0
12
18
D12.06
2ターフスペクトル53.0
8
12

8.0

3エービーダイヤ53.0
13
17
F13.05
4スカイシラユキ53.0
5
9

5.0

5ファーストリズム53.0
11
15
G11.07
6スカラシップ53.0
26
30
A26.01
7サンライトマドンナ53.0
D09
D13

9.0

8オンリーマイウェイ53.0
-4
0

-4.0
9ホウヨウフェザント53.0
23
27
C23.03
10アイドルマキシマム53.0
26
30
A26.01
11スノートフレーズ53.0
14
18
D14.04
12アンディーン53.0
D-8
D-4

-8.0
13ベルグイブン53.0
D-2
D02

-2.0
14サンディフォルス53.0
-5
-1

-5.0


問4(3歳新馬戦)
あなたは6000円持っているとします。
下記のビリオンチケットデータを調べて、このレースを買うか、パスするか、もし買うなら買い目と金額を6点以内で答えなさい。
問4の結果はここをクリック

96年3回小倉7日目 4R 芝 1200m 3歳新馬

基礎データ力量T95%力量U90%力量V85%力量W80%力量X75%
ABC方式3 2 84
118 7
AVE方式3 8
2
11 6 4 11

馬名斤量5前4前3前2前前走今回ABC
AVE
1イクノグレイス53.0
5
9

5.0
2ジュニアウッドマン51.0
29
37
A29.03
3イワノダイヤモンド53.0
33
37
A33.01
4ヒサゴティアラ53.0
-2
31
35
D14.56
5ハリケンキング53.0
-2
2

-2.0
6サンデースクリーン53.0
16
20
G16.05
7アサナギサ53.0
-5
21
25
F
8.0

8バイオレットパール53.0
32
36
C32.02
9メイショウピサロ53.0
9
13

9.0

10オートダンディー52.0
20
26
E20.04
11プラントアケボノ53.0
12
16

12.07


問5(3歳(4歳)未勝利戦)
あなたは6000円持っているとします。
下記のビリオンチケットデータを調べて、このレースを買うか、パスするか、もし買うなら買い目と金額を6点以内で答えなさい。
問5の結果はここをクリック

96年5回京都6日目 1R 芝 1400m 3歳未勝利

基礎データ力量T95%力量U90%力量V85%力量W80%力量X75%
ABC方式3


5 8 10 1 6 12 9 7
AVE方式3

5 129 10 8 7

馬名斤量5前4前3前2前前走今回ABC
AVE
1スーパービューティー53.0
D18
28
32
E23.0
2クリスタルホーラー53.0
12
19
23

15.5
3ナイトクルーズ53.0
25
30
D32
39
58
62
A43.01
4ハクサンコシズ53.0
D2
D-14
32
32
D17
D21

27.0
5エイシンピクシー53.0
1
D0
35
33
40
44
B36.02
6ビワナタシュカ52.0
16
19
D24
D30
F19.6
7ジンミスカオリ53.0
33
25
29
G29.06
8ダンツサーベル51.0
29
37
C29.06
9ヤマニンメドウーサ53.0
22
28
32
38
D25
D29
G31.64
10シアワセ53.0
23
27
30
26
32
36
D29.35
11ヒサゴティアラ52.0
-2
31
33
D15
中止
D21

24.0
12メイショウヨウキヒ53.0
44
25
29
G34.53



問6(3歳(4歳)未勝利戦)
あなたは6000円持っているとします。
下記のビリオンチケットデータを調べて、このレースを買うか、パスするか、もし買うなら買い目と金額を6点以内で答えなさい。
問6の結果はここをクリック

96年2回京都4日目 2R ダ 1800m 4歳未勝利

基礎データ力量T95%力量U90%力量V85%力量W80%力量X75%
ABC方式12 243911 5
AVE方式3 122
4 51 9

馬名斤量5前4前3前2前前走今回ABC
AVE
1トーピード55.0
18
31
D29
D29

26.06
2ニシキホーオー55.0
D34
D45
D45
A39.53
3ワコーハヤテ55.0
32
33
41
45
D39
D39
D41.61
4メジロバルカン55.0
D28
D42
D42
C35.04
5タニノレセプション55.0
D38
D31
D31
G34.55
6ドクタープライド54.0
D-11
D10
D12

-0.5
7トレジャーシチー54.0
D12
D14
D16

13.0
8ワカムシャ52.0
16
17
19
D19
D0
D6

12.6
9ソプラノ53.0
19
28
14
32
36
E24.67
10ハリスンバッハ55.0
4
D13
D5
D5

7.3
11ヒダカリージェント55.0
21
12
D22
D32
D32
F22.0
12カモンマイハウス53.0
40
41
45
A40.52


問7(3歳(4歳)未勝利戦)
あなたは6000円持っているとします。
下記のビリオンチケットデータを調べて、このレースを買うか、パスするか、もし買うなら買い目と金額を6点以内で答えなさい。
問7の結果はここをクリック

96年4回新潟6日目 6R ダ1700m 4歳未勝利

基礎データ力量T95%力量U90%力量V85%力量W80%力量X75%
ABC方式5 211
7 4 96
AVE方式49
5 7 1011 2

馬名斤量5前4前3前2前前走今回ABC
AVE
1アーサータテヤマ55.0
D21
D21

21.0
2クイーンサンライズ52.0
D24
D40
D26
15
D34
D40
B25.07
3ブランドミラー53.0
D5
D2
6
D19
D23

9.0

4ホワイトバレイ55.0
D39
D44
D33
D33
E38.61
5アスユームピューマ52.0
44
41
34
29
D35
D41
A32.63
6アイゲントウム50.0
D22
D18
D25
D10
D22
D32
G19.0
7ミスズリチャード55.0
44
41
D34
D29
D34
D34
D32.34
8ニシキカムロギク55.0
26
25
27
28
D10
D10

21.6
9タスクフォース55.0
D7
D28
D35
D38
D33
D33
E35.32
10サンピラー55.0
D12
D25
37
D34
D22
D22

31.0
11オースミレンジャー55.0
D10
D30
D23
21
D38
D38
C27.36
12シーラプソディー50.0
D16
D4
D6
D14
D8
D18

9.3




問8(3歳(4歳)未勝利戦)
あなたは6000円持っているとします。
下記のビリオンチケットデータを調べて、このレースを買うか、パスするか、もし買うなら買い目と金額を6点以内で答えなさい。
問8の結果はここをクリック

97年2回東京3日目 3R ダ1600m 4歳未勝利

基礎データ力量T95%力量U90%力量V85%力量W80%力量X75%
ABC方式13
116 3 911 4
AVE方式13

1 39 4 11 16

馬名斤量5前4前3前2前前走今回ABC
AVE
1ボヘミアグラス53.0
D38
36
40
B37.02
2ターフファントム52.0
D9
D19
D18
27
D-7
D-1

12.6
3ナニワロワイヤル55.0
D-36
D29
D30
D42
D37
D37
D36.33
4カイシュウタカオー55.0
D28
D28
G28.05
5ターフジーニアス55.0
16
16

16.0
6ディアウーマン50.0
D-8
D20
D-1
D9

3.6

7ブランドジョーイ53.0
D8
D-9
D-5

-0.5
8ターフフェアリー53.0
D16
D9
D12
D8
D10
D14

10.0
9ブランドアラシ53.0
D33
D37
D33.04
10シルクフェアレディ53.0
-14
D3
D6
D4
D8

4.3
11ユキワリジョー55.0
D22
D31
D31
F26.56
12アリエッタ53.0
D21
19
23

20.0
13ジョウナンアクティ55.0
D9
11
D48
D41
D46
D46
A45.01
14ターフウインド55.0
D5
D5

5.0
15エアジェム55.0



16ゴーワン55.0
D12
D38
D38
C25.07


問9(4歳以上500万下戦)
あなたは6000円持っているとします。
下記のビリオンチケットデータを調べて、このレースを買うか、パスするか、もし買うなら買い目と金額を6点以内で答えなさい。
(問9の結果はここをクリック)

94年4回中京2日目 12R 芝1800m 4歳以上500万下
基礎データ力量T95%力量U90%力量V85%力量W80%力量X75%
ABC方式151
1110 14 16 9
AVE方式15
1 11 109 514

馬名斤量5前4前3前2前前走今回ABC
AVE
1クレシェンドラン55.0
45
55
45
49
63
63
B52.32
2コンバットフローラ52.0
D-1
D7
40
46

15.3
3ファンドリタイム55.0
44
42
38
45
37
37

40.0
4ヤクモハルカゼ54.0
D19
38
D9
22
32
34

21.0
5クリシュナ55.0
18
24
50
48
47
47

48.36
6ダイワモンド55.0
27
41
32
33
44
44

36.3
7シーゴールド50.0
33
43
43
33
39
49

38.3
8ヴィーナスリップス53.0
42
19
23
34
40
44

32.3
9ラヴィッスマン55.0
50
50
G50.05
10レッドライフ53.0
45
51
51
51
51
55
D51.04
11ファンドリショウリ55.0
37
31
50
50
56
56
C52.03
12タニノピアス53.0
40
39
25
43
44
48

37.3
13テルノグランデ55.0
56
D24
40
D18
D4
D4

20.6
14リアフォーモサ53.0
46
49
45
43
51
55
D46.37
15マイネルハーベスト54.0
50
D51
60
53
67
69
A60.01
16マイネルユーリ52.0
44
51
41
51
46
52
F46.0





問1の結果
買い目例:当日のオッズが300円以上なら買い。以下ならパス
     2−4 3−4 4−5の3点を各2000円
結果:1着2番 2着4番 3着1番
単勝170円 複勝130円 710円 枠連2−4 2310円
買い目例での結果は1点目で的中で受取配当46200円。収支は+40200円でした。あなたは如何でしたか?
問1に戻る

問2の結果
買い目例:当日のオッズが500円以上なら買い。以下ならパス。
     7−10 2−10 10−14 6−10 1−10の5点を各1200円
結果:1着10番 2着6番 3着1番
単勝190円 複勝番120円 450円 150円 枠連3110円 馬連6−10 3260円
買い目例での結果は4点目で的中で受取配当39120円。収支は+33120円でした。あなたは如何でしたか?
問2に戻る

問3の結果
買い目例:当日のオッズが300円以上なら買い。以下ならパス。
     6−10 6−9 9−10 の3点を各2000円
結果:1着6番 2着10番 3着9番
単勝190円 複勝110円 150円 130円 枠連260円 馬連6−10 620円
買い目例での結果は1点目で的中で受取配当12400円。収支は+6400円でした。あなたは如何でしたか?
問3に戻る

問4の結果
買い目例:2 3 4 8が同等。強いて買えばこの4頭のボックス6点だがパスする。
結果:1着8番 2着3番 3着10番
単勝210円 複勝120円 230円 150円 枠連980円 馬連3−8 1110円
買い目例では4点ボックスかパスで迷い結局パスしたが4点ボックスで的中していた。あなたは如何でしたか?
問4に戻る

問5の結果
買い目例:3がダントツ。3から5 12 9 10 8の5点に流す。
結果:1着3番 2着10番 3着9番
単勝150円 複勝110円 350円 210円 枠連540円 馬連3−10 1750円
買い目例での結果は4点目で的中。受取配当21000円。収支は+15000円でした。あなたは如何でしたか?
問5に戻る

問6の結果
買い目例:前走2が良い。しかし3 4 12も侮れない。買い目は2から12 4 3 5の4点に流し、4−12を押さえる。
結果:1着2番 2着12番 3着4番
単勝430円 複勝180円 420円 290円 枠連1610円 馬連2−12 3810円
買い目例での結果は1点目で的中。受取配当45720円。収支は+39720円でした。あなたは如何でしたか?
問6に戻る

問7の結果
買い目例:前走では5 11が良いが安定度で4の方を軸にとりたい。買い目は4から5 9 2 11の4点に流し、5−9を押さえる。
結果:1着2番 2着4番 3着11番
単勝2150円 複勝440円 170円 570円 枠連3880円 馬連2−4 3550円
買い目例での結果は3点目で的中。受取配当42600円。収支は+36600円でした。あなたは如何でしたか?
問7に戻る


問8の結果
買い目例:15のデータなくやや不安残るが高安定の13を軸にして問題なしと判断する。買い目は13から3 1 16 9 11とデータなしの15の6点に流す。
結果:1着13番 2着11番 3着8番
単勝300円 複勝140円 320円 1380円 枠連2020円 馬連11−13 2320円
買い目例での結果は5点目で的中。受取配当23200円。収支は+17200円でした。あなたは如何でしたか?
問8に戻る

問9の結果
買い目例:休み明けも高安定の15を軸。買い目は15から1 11 9 10の4点に流し、押さえに1−11の5点
1着15番 2着1番 3着11番
単勝1400円 複勝390円 170円 320円 枠連1620円 馬連1−15 2580円
買い目例での結果は1点目で的中。受取配当30960円。収支は+24960円でした。あなたは如何でしたか?
問9に戻る

本日は、ここまで。以下工事中。

目次に戻る

5.馬がデータ通りに走らない事がある理由

この章は、ともすると、言い訳のように思われるかもしれません。
しかし、競馬は非常に微妙なものです。なかなか計算通りには走ってくれないものです。
なぜ、データ通りに走らない事があるのかを解明して見るつもりです。
巧く走らないことがある理由が解れば馬券検討に役立つはずです。

さて、理屈から言えば、若い3歳4歳は徐々に成長をしていますので、走る度に数値が上がるはずです。
古馬になると成長が飽和しますので、いつも同じ数値で走るはずです。
ところが、実際の競馬では全くと言っていいほどこのようなことはありません。
マクロに見れば3歳4歳は徐々に数値が上がり古馬は飽和状態を保ちますが、その都度厳密に前走と比較すると、やや下げたり、また上がったり、思わぬ大駆けをしたり、検討を難しくしています。なぜでしょう?
前5走の数値から予測したとおりに走らない理由が解れば、そのような要素を含むと考えられるレースは買わないとか、注意するとか、馬券検討に役立つはずです。

競馬での馬の走り方を左右する要素を見つけてみましょう。

まず、私なりに、「競馬とはどのような競争か」を定義付けしてみます。

「競馬は、馬主から預かった馬を調教師が調教し、4頭から18頭の複数頭の馬が、賞金別にクラス分けされたメンバー同士で、一般競争や特別競争において、背中に騎手重りを乗せて、、一列のゲートに並び、芝またはダート楕円形のコースで1000mから3600mの距離を、右回りまたは左回りに走り、タイムでなく、1着・2着・3着の着順を争うものである。」

上の定義の中に馬の走り方を左右する要素があるはずです。
つまり、「馬主」「調教師」「複数頭」「賞金別にクラス分け」「一般競争と特別競争」「騎手」「重り」「1列のゲート」「芝またはダート」「楕円形」「距離」「右または左周り」「タイム」「着順」
これらのキーワードを解明すれば走らないことがある理由が解るような気がします。

5−1「馬主」
   「馬主」が馬の走りに影響を及ぼす可能性は一般的には少ないと思います。
    しかし、一部の馬主は調教師や騎手に競争の仕方について強力な指示を出すようなこともあるようです。
    馬主は馬が好きということもあるでしょうが、経済面を考えることが多いと思われます。
    そこで、馬の競争について素人であるにもかかわらず口を出してくるのです。
    調教師や騎手にとって馬主は大切な人ですから、競争の作戦に当たって悩むことになります。
    その悩みが本来の馬の力を出し切れないことになると言うこともまれにあります。
    どの馬主とは言えませんがこのような馬主の持つ馬については、特に高額賞金のかかったレースの場合気を付けるべきです。 

5−2「調教師」
   「調教師」は出走させるレースに向かって計画的に馬を調教し、レース当日、最高の状況で出走できるようにします。
    ・・・というのが当たり前ですが、例外もあります。
    その一つは、大事なレースを控えたローテーションの中で調教のために出走させる場合、
    もう一つは、クラス替えの時期に故意に上位クラス馬にしないための賞金調整です。
    前者−−−調整出走−−−は、GTレース等目標とする大レースを控えたレースに出走してきた場合、
    勝つことよりも、馬体調整を目的とする、または他馬の調子を見るということもあると言うことです。     
    このような場合は馬の力を存分に発揮させないことになります。
    後者−−−賞金調整−−−は、現状クラスでなら勝ったり負けたりである程度賞金稼ぎができるが、
    クラスが上がるととても勝てるレースがないと判断される場合に、
    故意に一着にならず昇格しないように調整されるわけです。
    特に、900万条件や1500万条件にこのようなモクロミが見られることがあります。
    このようなモクロミは馬主と調教師の間で話し合われ騎手に伝えられ、
    あまり無理せず2着か3着を目標に戦われる場合が希にあるのです。
    勝たないように努力されては、馬は本来の力を出すことはできません。
    しかし、こんな事はほとんどないと思って良いと思います。
    基本的には馬は懸命に走っています。
    また、調教師により、調教の考え方、ローテーションの考え方が様々で、
    馬の力が最高潮の状態に持っていける優秀な調教師が結果としてリーディングトレーナーとして上位に名を連ねますが、   中には、調教ミスをしたり、無謀なローテーションで競馬をさせるダメな調教師もいるのです。
    ダメな調教師に管理された馬は本来の力を発揮することができません。
      
5−3「複数頭」
    競馬は競争ですから1頭だけでは成立しません。
    昔、非常に強い馬がいて、とても勝ち目がないと各馬が出走を取り消し、
    2頭だけの競争になってしまったことがあったそうですが、ほとんどの場合6頭以上の戦いとなります。
    人間も十人十色と言われるように、馬も十馬十色です。複数いればその数だけの特徴があります。
    強気の馬、弱気の馬、易しい馬、意地悪な馬、せっかちな馬、のんびりな馬、短距離スピード馬、長距離耐久馬、
    逃げ馬、先行馬、差し馬、追い込み馬と色々です。
    これらの馬の特徴を巧く引き出して有利な競馬をしようと騎手はテクニックを駆使します。
    この各馬の特徴と騎手のテクニックで「展開」が生まれます。
    前半が速く後半が遅くなる展開、前半が遅く最後の直線だけの展開、遅いままの展開、
    レコードタイムが出るようなまれにみるハイスピード展開、
    馬に合わない展開になったときは、それこそ実力を発揮することはできません。
    展開を読むことが大切なのはこのためです。
    しかし、各レースの展開を数値化するのは至難の業です。

5−4「賞金別にクラス分け」
    競馬は取得賞金別にクラス分けされて、同じクラスの仲間同士で競争が行われます。
    3歳または4歳で初めて競馬に出走したときは「新馬戦」または「未出走戦」です。
    このレースで1着になると「3歳(4歳)500万下」という年齢限定条件戦があります。
    1着になる馬はレースの数しかありませんから1日に多くても12頭。
    1レース平均12頭としても、1日に144頭が出走して132頭は勝てないのです。厳しい世界です。
    一度も勝てない馬たちが今度こそと頑張る競争が「未勝利戦」です。
    「4歳以上500万下戦」は4歳で賞金が500万円以下の馬と5歳以上で1000万円以下の馬たちが一緒に走る競争です。
    その上のクラスは「4歳以上900万下」「4歳以上1500万下」「オープン戦」となります。
    オープン戦の中にグレードレース(GT,GU,GV)があります。
    私は、信用していないのですが、昇級初戦はなかなか勝てない−−−格が違う−−−等とよく言われます。
    これを、調教師や騎手が気にして、無理な競馬をしたり、遠慮した競馬をする事が希にあります。
    本当は昇級初戦でも力量が上なら格上の馬にも勝てるはずなのです。
    それなのに余計な手心を加えられれば本来の力を発揮できません。

5−5「一般競争や特別競争」
    レースの種類には、新馬戦、未勝利戦を除いた条件クラス(500万、900万、1500万)や、オープンクラスでは平場戦と言われる一般競争と特別戦の2種類があります。
    特別戦にはレース名がついています。同じ条件でも特別戦の賞金は約35%高くなっています。
    特別戦の中でもオープン馬だけで争われる重賞レースにはGT、GU,GVと3つのグレードに分けられています。
    GTレースの有馬記念の賞金は1着が1億3000万円、2着が5200万円、3着は3300万円、4着は2000、万円5着は1300万円となっており、特別レースで1着になると途方もない高額な賞金を手にすることができるのです。
    平成7年度の有馬記念ではこの一つのレースだけで820億円近い大金が投じられました。
    特に人気の高い馬の騎手は自分の乗る馬に何百億円も賭けられるので、ものすごいプレッシャーで冷静な騎乗ができないほどです。
    若い騎手ならなおさらです。落ち着いた正常な騎乗ができない騎手とコンビを組んだ馬は本来の力を発揮する事ができません。

5−6「騎手」
    競馬は馬が走る競争ですが、背中に騎手が乗り馬をコントロールします。
    自分の馬の性質、特徴を確実に把握して、自分の馬が最高の力を発揮して競馬をできる騎手はリーディングジョッキーとして高位に名を連ねています。相乗効果で強い馬の騎乗に恵まれると言うこともありますが、頭が良く、腕の良い騎手が結果的にリーディングジョッキーの高位に位置することになります。

【騎手の乗り替わり】
    騎手によって馬の走り方が変わる実例を一つご紹介します。
    この例ではある騎手を傷つけるような形になりますが、他の馬についてもこの騎手が同じようになるとは限りません。
    あらかじめ、この騎手を低く評価するためのものではないことをお断りしておきます。

    馬の名前はセイカカラーラ。1990年に新冠で生まれた牡です。94年の馬齢は5歳です。
    1994年の履歴を下記に示します。
日付開催クラス着順騎手斤量馬場距離タイム走破指数
9402151東京390013蛯名正義56ダ1400良128742
9402201東京890010蛯名正義56芝1600良135662
9406113東京790010蛯名正義56芝1600良136750
9408143新潟2500
蛯名正義57芝1600良136156
9408273新潟5500
田中勝春57芝1600良135261
9409174中山3900
ムンロ57芝1600不138065
9410084東京1900
ムンロ57芝1600良134769
9410304東京8900
田中勝春55芝1600良135058
9411125東京3900
田中勝春57芝1600良135157
9411275東京8900
ソリス57芝1600良136649

    ごらんのように、この馬は199年当初蛯名正義の持ち馬でしたが、途中で田中勝春に乗り替わり、続いてムンロに乗り替わり、また田中に戻り、最後にソリスに乗り変わっています。
    蛯名も田中も若手で人気騎手、リーディングジョッキーとしても10指に入る優秀な騎手です。
    ムンロは短期免許で3ヶ月間日本の競馬に騎乗したイギリスの代表的な騎手です。ソリスはジャパンカップでヨハンクアッツに騎乗するために来日した米国の騎手です。
    同じ芝1600mで比較しますと、蛯名が50〜62、田中が57〜61、ムンロは65〜69です。
    着順は相手があってのことですので比較対象にはなりません。
    いずれの騎手も代表的なすばらしい騎手であるにもかかわらず、馬との相性と言うこともあるのでしょうが、馬の扱いが巧いムンロが乗ったときが非常に高い指数を出しています。
    騎手が乗り変わったときは過去の成績をよく調べ指数が上がるのか下がる可能性が高いのかを良く検討する必要があります。

【人気馬・不人気馬に対する心理的影響】
    一般の競馬ファンと同じで、騎手もスポーツ新聞や競馬専門誌を読みます。そして、自分の乗る馬の人気を気にします。
    あまりに人気が高いとプレッシャーを感じます。
    逆に人気がないと、これは騎手の性質によって異なりますが、なにくそ!っと発憤する場合は良いのですが、その馬がビリオンチケットでは他の馬に比して優秀なのに、人気がないから弱いのだと勘違いし、馬の力を出し切る努力を怠る場合があります。
    レースを注意深く見ているとそう言う状況が良く見受けられます。最後の直線での追いが足りないのです。
    まるで、調教の時のように馬なりに走らせているとしか思えないことが良くあるのです。残念です。

【新人騎手・公営騎手・外国騎手に対する心理的影響】
    技量の未熟な新人騎手が一緒に走る場合や、常日頃一緒に走っていない公営所属や招待や短期免許の外国の騎手が参加するレースの場合、彼らの騎乗ぶりをいろいろ考えすぎて、通常の平常心で騎乗することができない場合があります。
    特に、新人が登場する3月の1〜2週、短期免許外国騎手が登場する1〜2週は、その傾向が顕著です。
    
【久しぶりの競馬場に対する心理的影響】
    何ヶ月かぶりに走る競馬場での初日、2日目などでは、騎手が頭の中でその競馬場の特徴を生かして乗ろうと考えすぎて、本来の馬の力を出し切れずに結果的にまずい騎乗をすることが多いものです。
    開催替わりの初日、2日目にこの傾向が顕著に見られます。

【制裁と再教育】
    JRAでは騎手がまずい騎乗をしたとき、制裁を課すことになっています。
    斜行した場合、公表された体重で騎乗できなかった場合、発馬機内での御法がまずかった場合、等で、
    その程度によって、戒告、制裁金1万円、2万円、3万円、4万円、5万円、騎乗停止と分類されています。
    また、下表のように制裁点が加算され、30点を越えると再教育を受けなければならないことになっています。
    騎手の性格にもよりますが、騎乗方法についての再教育を受けることはプライドを傷つけられることであり、なるべく受けたくないと言う心理が働きます。
制裁点換算表
制裁
戒告
過怠金
騎乗停止
1万円2万円3万円4万円5万円
点数
10

付加点:騎乗停止期間(開催日の実数)×2点
年度最終日の開催後は全員0に戻ります。
また、再教育後も0に戻ります。
    この、制裁点を調べてみると、おもしろいことが発見できます。
    制裁点が20点前後になりますと、次に騎乗停止を受けると30点を越えますので再教育を受けなければなりません。
    騎手には、再教育を受けたくない、気を付けようと言う心理が働いて難しい展開になったときに無理をしないようになります。
    精一杯有利な位置で馬を走らせようとせず、安全サイドで御する様になってしまいます。

5−7「重り」
    競馬は以下に述べる4種類の方法で馬の背中に乗せる負担重量=斤量を決めています。
    例えば斤量55Kとあれば、その馬の背中に55Kgを背負って走ると言うことになります。
    この負担重量には騎手の体重の他に鞍やその他の付属品の重量も含まれます。
    騎手の体重は48Kg前後ですから足りない分の重量は鉛の板を鞍などに取り付けることになります。
    負担重量の決め方には4種類あります。馬齢戦、別定戦、ハンデ戦、定量戦の4種です。

【馬齢戦】    
    馬の性別と年齢によって負担重量が機械的に決められるレースです。
    例えば3歳は牡牝とも53K、4歳の牡は55K牝53K、5歳の牡は56K牝54K、6歳牡は57K牝55K、7歳以上は牡56K牝54などです。
    レースの開催される時期とレースの種類によって決められます。
【別定戦】
    レースによって、収得賞金や勝ち星の数に応じて独自に決められるものです。
    例えば、GTのステップとなるあるGVレースでは実力馬が出走しやすくなっています。
    5歳56K、6歳以上57K、牝馬2K減、GTGUでの1着馬2K増などです。
    これなら、どんなに強い馬でも最高59K、そのかわりどの馬でも最低は牡56K牝54Kを背負わなければならないと言う具合です。
【ハンデ戦】
    JRAのハンデキャッパーが各馬の能力に応じて負担重量を決めるものです。
    出走する全馬が均等に勝つチャンスを与えるというのが基本的な考え方です。
    但し、ハンデ戦に出走する馬はレースの日から約4ヶ月前までにオープン戦は1回、その他は2回出走していることが条件となります。
【定量戦】
    馬の実績に関係なく無条件に負担重量が決められるレースです。
    例えば安田記念などは牡57K、牝55Kと決められています。

負担重量(斤量)は1Kgで約1馬身の差がつくと言われています。
ビリオンチケットでは5走前からの走破データを一律55Kで走ったものとして変換し比較できるようにしてあります。
「今回」の予測は今回のレースでの斤量を加味して算出してあります。
ただ、ハンデ戦で48Kや49Kと評価された馬は相当弱い馬ですので「今回」で数値が少々高くなってもあまり期待できません。斤量の問題以前の走れない馬の場合が多いのです。

5−8「一列のゲート」
 競馬は陸上競技におけるセパレートスタートのように1頭ずつ距離を考慮してスタート地点をずらしてあるわけではなく、一線に並んでスタートします。そのために、内枠外枠で距離において有利不利という問題が起きてきます。理屈から言えば、馬の力が同等なら外枠の方が長距離を走らなければならないので、不利だということになるのですが、実際には内枠でもスタートダッシュが悪いと、前をふさがれるという事もあり、一概には有利不利は断言できません。外枠の方が少々走る距離が長くなっても他馬に邪魔されずに走れるので有利と言うこともあります。内枠得意、外枠得意ということもあり、競馬場の各距離によりスタート地点も異なり、また、相手馬の力量によっても展開が変化しますので注意が必要です。

5−9「芝またはダート」
 競馬は芝またはダートのコースで行われます。データにはダートで走ったものはDのマークが付いています。何も付かず数値のみのデータは芝でのものです。
馬には、ダート得意の馬、芝得意の馬がいると言われます。古馬などで戦績の多い馬のデータを調べますと芝での成績が良いもの、ダートでの成績が良いもの、どちらもあまり変わらないもの、といろいろです。
データを基に予測して巧くいかなかった場合を調べてみますと、その馬が予測通り走らなくて失敗することより、走るはずのない馬が走ってしまう場合が多いようです。芝のレースにおけるダートのデータ、ダートのレースにおける芝のデータをおろそかにすると失敗することがあります。特に気象状況や馬場改修などによる馬場の変化がある場合は気を付けてください。

5−10「楕円形のコース」
 JRAの競馬場は全国に10カ所あります。その全ての競馬場のトラックの形状は大小の差はありますが、全て楕円形です。近い将来新潟競馬場に直線コースができるという話がありますが、現在は全ての距離の競走が楕円のコーナーを最低1箇所通過するレースとなっています。
 向正面や正面の直線を走っているときはいいのですが、コーナーでは内側を走る馬と外側を走る馬では走る距離がかなり異なり、馬によってはコース取りがうまくいかないとデータ通りに走れない場合があります。

5−11「距離」
距離は全国10カ所の競馬場毎に決められています。時々変更することもありますが現在は概ね下表のようになっています。
芝コース
東京中山京都阪神札幌函館福島新潟中京小倉
1000m



1200m
1400m





1500m








1600m




1700m





1800m

2000m
2200m





2300m








2400m







2500m




2600m





2800m








3000m







3200m






3600m









ダートコース
ダート東京中山京都阪神札幌函館福島新潟中京小倉
1000m



1200m





1400m






1600m







1700m


1800m






2100m








2300m








2400m








馬は上表のように全国の各種の距離を走ります。
陸上競技の選手にも短距離選手とマラソン選手がいます。彼らも幼稚園、小学校の頃はあまり差がなかったはずです。長い間の練習・訓練で中学校、高校の頃になると短距離が得意、長距離が得意と距離の適性が現れてきます。馬も同じで、3歳4歳の初期の頃は距離適性が顕著ではありません。血統もあるのでしょうが4歳後半から5歳以上になりますと距離の適性がハッキリしてきます。
ビリオンチケットでは、全ての距離、芝/ダート、斤量等を同じ土俵で比較できるように丸めて表示します。祖も欠陥としては距離適性についてのみの情報は含まれていません。1200mのデータでABC方式でA馬、AVEでも1位の馬でも今回の距離が2000mならそのデータを鵜呑みにすることは危険です。新聞などの馬柱に出ている距離実績とビリオンチケットの数値を良く見比べて今回の距離でも過去のデータ近くで走るかどうかチェックしないと勝つと思った馬が負けると言うことも起こります。このようなミスをしないためにも馬柱の距離の項目を調べ今回と同じ実績のところを丸で囲む等して確認することをお勧めします。
ビリオンチケット(FAX版)では同距離実績の指数のところに囲みマークが付されますので同距離適性のチェックが簡単にできます。

5−12「右または左周り」
全国にある10カ所の競馬場では馬の走る方向が異なります。
左回りは東京と中京競馬場、他は右回りです。
人間には右利き、左利きがあるように、馬にも右利き、左利きがあるようです。しかし、調教では両利きに直します。右利きをそのまま矯正しないで走らせていると右側の筋肉が発達しすぎて真っ直ぐ走れなくなるそうです。それでも、右得意、左得意の馬が現れます。スタート時に左前足から踏み出すか右前足から踏み出すかにより左利き右利きが判ります。左利きの馬が右回りコーナー走ると馬体が外側に向いてしまいが、左コーナーを走るとコーナー沿いに走れるわけです。走行中騎手が踏み出しを変更させますが巧くいかない場合もあります。
過去に走ったデータから右がよいか左がよいかよく調べて推理すると的中率が上がるでしょう。

5−13「タイム・着順」
競馬はタイムを競う競技ではありません。着順を争うものです。ビリオンチケットでは各馬を比較するためにタイムを重要視していますが、実際の競技においては、一緒に走る馬があまり強くない場合に最後の直線で勝つことがハッキリすると無理に走らせないことがあります。勝つことが明確なのですから無理をする必要がないわけです。また、遅い展開になった場合なども、馬の力量はあっても、走破タイムが遅くなり、データ上良くない数値として現れる場合もあります。通常の力量より極端に悪いデータの時はその原因を調べ、力を落としてきての低い値か、展開やあまり無理しなくても勝てる状況においての遅い走りかを判断しないと勝ち馬選択を誤ることになります。

以上、馬がデータ通りに走らない理由の主なものを列記しましたが、何がなんだか判らなくなってしまった野ではないかと心配しています。
その通り、競馬は非常に多くの要素が入り乱れた複雑なゲームなのです。
でも、諦めないでください。
基本的なABCデータとAVEデータ、それに馬柱から得られる諸々のデータを付加して推理することにより、多くのレースで的中することができます。
馬券の買い方のテクニック「必勝法則の奥義伝授」もご参考にしてください。

ホームへ戻る